2人に1人が落ちる入試?

こんにちは!個別塾ならSS!西宮エリアの廣田です。

アツい日が続きますね。景色も町の装いもすっかり夏模様。

今年もSSは、夏の暑さに負けない温度で夏期講習を開催します。受験生にとっては、天王山のことば通り、勝負の季節。受験と言えば、西宮エリアの昨年の受験では、これほど「荒れた」複数志願入試は、『かつてなかった』と誰もが驚きました。一部の高校では、次年度以降の動向に大きく影響するだろう「合否結果」でした。県西、北、今津、甲山の難化は必至ですね!

そんな『2人に1人は不合格!』の難関?!県立西宮。さらに、偏差値上位校より「回し合格」がやってくることを踏まえると、実際は、もっともっとキツい倍率になったわけです。『友だち、全員落ちてた・・・』そんな声もたくさん聞きました。そんな中、SS生は80%の合格率!!見事、県下最高倍率を跳ねのけてくれました。そして、その合格者たち。高校1年生になっても、ほぼ毎日自習に来てくれています。「合格の勢いそのままに」走り続けるSS生たち、自慢です♪

そんな高1生たち。先日、初めての中間テストを終えてきました。ほんのちょこっとだけここで速報しておくと、、、

Aさん 公立高校 7科目中6科目90点オーバー 学年1位

Bさん 公立高校 全科目合計 クラス1位

Cさん 公立高校 8科目中4科目 クラス1位 などなど・・・

結果が出揃ったら、HPに速報を掲載予定です。

SSって、個別指導なのにすごいでしょ(笑)。「元々できる子」が集まる塾ではないです。そんな「元・勉強できない子」が学年1位やクラス1位をバンバン取ってくるようになる秘訣は、教務指導はもとより、SSが大切にしている「モチベーション教育」にあると思います。目標って大切です。でも、それに「縛」られちゃって、一喜一憂するだけの人なら、行き着く先は「バーンアウト」。

『私って、これと言って、夢とか目標ってないんですよね・・・』

そういう方、数多く、いらっしゃると思います。別にそれでいいと思います。そして、そんな方が成功するための王道、それは「目の前の人、目の前のモノに真心を込めて集中すること」です。目標は、遠くにあるんじゃなくて、「目の前」にある。

『近き者説(よろこ)び、遠き者来る』(論語)と言います。

遠くのモノとは、生徒のみんなで言えば、今はさしあたり「合格」などになるのでしょうか。目の前の1問に全力投球することはもちろんのこと、一番近くにいる人に、心を込めて挨拶をしてみてはいかがでしょうか。

SSでは、こういう「志」を高めるための教育を実践しています。山中塾長ブログ、読んでみてください。新しい価値観に出会えるはずです。

いろいろ書きましたが、SSでは高校生もテスト結果ミラクルUPを量産してくれる予感が、実績とともにグングン高まっていますよ!というプチ自慢でした(笑)。

なぜ「フツ―の中3生が受験を通じて、こんなスゴイ合格を果たし、スゴイ高校生に変身できるのか?!」は近々、紹介しますので、お楽しみに!

では、また次回!

-思無邪-オモイヨコシマナシ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする