プログラミング教育の大切さ

こんにちは、山岡です。
今回は、プログラミング教育について

2020年度から、小学校でプログラミング教育が必修化になったのは、
皆さんご存知かと思います。

➀なぜ、プログラミング教育?
➁プログラミング教育でどんな力が育めるのか?

この2点を中心に本日は、お話をさせていただきます。

➀なぜプログラミング教育?

小学校段階において学習活動としてプログラミングに取り組むねらいは、プログラミング言語を覚えたり、プログラミングの技能を習得したりといったことではなく、論理的思考力を育むとともに、プログラムの働きやよさ、情報社会がコンピュータをはじめとする情報技術によって支えられていることなどに気付き、身近な問題の解決に主体的に取り組む態度やコンピュータ等を上手に活用してよりよい社会を築いていこうとする態度などを育むこと、さらに、教科等で学ぶ知識及び技能等をより確実に身に付けさせることにある。

(小学校学習指導要領解説 総則編)

つまり、論理的思考力を育み、主体的に物事に取り組む為のツールとしてということです。

それ以外の思惑もあるかもしれませんが、、、、(笑)
現在でもITの人材が不足している日本ですが、2030年には、78万人もの人材が不足するといわれています。(人材確保のため?)

ですが、子供の将来にとっては、やらないより、やる方がいいのは間違いないですね!
手に職をつけるという点でもプログラミングを学ぶことは、重要だと思います。

➁プログラミング教育で育める力は?

○論理的思考力(ロジカルシンキング)
○想像力
○問題解決力
○主体的に取り組む姿勢
○伝える力

などなど幅広く育むことが可能です。

それプラス大事だなと思うのは、答えのない問題に取り組むということです。
プログラミングは答えが1つではありません。
いろんなやり方があり、考え方があります。
その体験を幼少期からするというのが、1番大切なことだと思います。
無から有を作り出す経験を是非子供の時から習慣づけていきましょう!

SSゼミナールでもロボ団を運営して、
プログラミングの授業は行っていますので、
気になる方は是非お問い合わせください。
SSゼミナールのロボ団では、プログラミングとは関係ないような
躾の部分も大切にしています。

挨拶・返事・後始末・立腰

スキルがあっても人に好かれる人にならないと、
本当の意味での子供の幸せにはつながらないですよね!

本日は以上です。
最後までお付き合いいただきありがとうございます。

子どもに真の教育を
~Pray for Children~

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_
SSゼミナール 東夙川校
tel:0798-75-0808
お問合せフォームは、こちら
Jr.立志塾のHPは、こちら
インスタグラムは、こちら
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする