大学受験の難化

こんにちは、山岡です。
いつもブログを閲覧いただき、ありがとうございます。

今回は、入試改革の時代背景についてお伝えします。
すでにご存じの方もいると思いますが、

なぜ、入試改革が起こるのか?

求められる力の変化=時代の変化が大きく関係している。

「工業の発展=国力の発展」だった、90年代半ばまでは、
「知識量・計算力重視」の教育が時代に適していました。

しかし、今日のようにIT化・グローバル化の進んだ現代において、
その教育は、もはや通用しなくなり、
そういった部分に関しては、ロボットが人間の代わりになってしまうのです。

では、どんな力が求められるのか?

21世紀型スキル

世界の教育関係者らが設立した国際団「ATC21s(The Assessment and Teaching of 21st-Century Skills = 21世紀型スキル効果測定プロジェクト)」が新時代で求められる能力について整理したのが「21世紀型スキル」です。

1.思考の方法(創造性、批判的思考、問題解決、意思決定と学習

2.働く方法(コミュニケーションとコラボレーション(チームワーク)

3.働くためのツール(情報通信技術(ICT)と情報リテラシー

4.世界の中で生きる方法(地域社会、文化圏、経済圏における自己の権利と責任

これらの力が21世紀型スキルです。
具体的にイメージしづらいかもしれませんが、
この求められる力の変化が、学び方の変化に。

だから、大学入試改革。そして、教科書改訂。

高校の教科の名前すら変化します。
(詳しく知りたい方は、是非調べてみてください)

長々と書いても面白くはないので、今日はここらへんで(笑)
親世代が経験したこれまでの入試とは全く違う!
と感じていただけましたか?

情報格差が学力格差にならないように
新たな情報が出てくれば、どんどん発信させていただきますので、
皆さんも周りの方へと発信してあげてくださいね!

次回は、10年に1度の教科書改訂で困るのは?
(情報が多いな、、、、更新頑張ります、、、)

最後までお付き合いありがとうございます。

子どもに真の教育を
~Pray for Children~

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_
SSゼミナール 東夙川校
tel:0798-75-0808
お問合せフォームは、こちら
Jr.立志塾のHPは、こちら
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする