迷いながらぶつかりながら揺れながら・・・

SSゼミナールの恒例行事の夏の受験合宿から早4か月。合宿の模擬入試では合格を勝ち取れなかった生徒たち。合格した生徒たち。様々な生徒がいますが、年末特訓の模擬入試では、内申点も加味しての合否判定を出します。本番さながらの生徒たちが年末なんて関係なく勉強に励んでいます。

時間がとまっておかなければならない場所がある

子供たちに伝えるべきことを本当に伝えることが今の教育ではできているのか。同じものを見ても、人によっては感じ方が違う。同じことをしても結果は人によって違う。しかし、大切なものはいつでも大切。それを学ばさせてくれるのはいつでも過去(歴史)なのかもしれません。